相続において特別に遺言する場合の方法

難船危急時遺言・・・・
船舶遭難の場合において、船舶中にあって
死亡の危急に迫った者が遺言する場合の方法です。

伝染病隔離者遺言・・・・
伝染病のため交通を絶たれた
場所にいる者が遺言をする場合の方法をいいます。

在船者遺言・・・・船舶中にある者が遺言する場合の方法です。

遺言者は生存中、いつでも、遺言の方式に従って、
自由に遺言の全部または一部を撤回することができます。
いったん遺言書を作成した後で、そのあとに意向が
変わったりしたら、遺言を取り消したり変更したりすることが
できます。

遺言の撤回の方法は、自筆証書遺言の場合と、公正証書遺言の
場合で少し異なります。

自筆証書遺言の場合・・・・・
遺言書を破棄すれば、遺言を撤回したことになります。
「前の遺言を撤回する」とうような旨の新たな遺言書を作成しても、
前に作成された遺言は同じく撤回されます。

前の遺言の一部だけを撤回する・・・
前の遺言の一部だけを撤回する旨の新しい遺言書を
作成することも可能です。

例えば、前の遺言では、不動産を長男に相続させるとしていたが、
新たな遺言では次男に相続させるとしている場合などには、
そのかかわる部分に限り遺言を撤回したとみなされます。

また、不動産を長男に相続させると遺言したが、その後に第三者に売却した場合にも、そのかかわる部分に限り遺言を撤回したものとみなされます。

今すぐ相続手続きを横浜で始める
相談者の便利を考えて年中無休を原則に相続の手続きを横浜で提供しているのだ。
www.souzoku-shien.net

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む