カテゴリー: ようやく遺産や遺言のことが世間に知られてきた

相続を終えないうちに亡くなったら

相続の手続き中に相続人が亡くなってしまうと、複数の相続が発生してしまいます

相続の手続き中に相続人がなくなるということがあります。
私の祖父母もそうだったと思います。

“相続を終えないうちに亡くなったら”の詳細は »

相続において特別に遺言する場合の方法

相続の手続きにおける遺言の撤回の方法は、自筆証書遺言の場合と、公正証書遺言の場合で少し異なります。

難船危急時遺言・・・・
船舶遭難の場合において、船舶中にあって
死亡の危急に迫った者が遺言する場合の方法です。
“相続において特別に遺言する場合の方法”の詳細は »

相続の遺言執行者は定めておくべきか?

相続の手続きにおいて遺言執行者を選任しておくと、遺贈の目的物について遺言執行者が管理することになります。

特定遺贈においては、遺贈の目的物を受贈者に移転する必要があります。目的物が不動産であれば登記も移転します。上記の必要な行為は相続人が行なうことになります。(権利移転に関する、登記、登録、権利変動の通知など遺言執行者は必ずしも必要ではありません。
“相続の遺言執行者は定めておくべきか?”の詳細は »

相続における公正証書を作成するにあたり

相続手続き時、入院中などで役場へ行くことができない場合は、公証人に病院や自宅に出張してもらうこともできます。

公正証書遺言作成に必要な書類等
(1)遺言者の実印・印鑑証明書
(2)遺言者と相続人との続柄を表す戸籍謄本
(相続人以外の人に遺贈する場合、住民票など)
(3)証人の住民票と認印など
(4)通帳のコピー
“相続における公正証書を作成するにあたり”の詳細は »

数字から相続できるのはどれくらいかを読む

配偶者は常に子と同順位の遺産を受け取る権利がある人で、法定相続分は配偶者が半分の2分の1、子と子の代襲相続人が半分の2分の1ですよ

財産を受け取る分とは実際に遺産を受け取ることができる割合のことを言います。

財産を受け取る人が遺言で遺産の振り方を指定した場合は、その指定した
遺産を受けることができる割合分が優先されます。
そうでなければ、民法で定められた法定分が適用されます。

遺産を受ける人となる人が確認できると各遺産を受ける人の遺産を受ける割合を特定をします。
“数字から相続できるのはどれくらいかを読む”の詳細は »