相続財産の内容と価値を知るためには

相続問題は突然発生することが多いですし、相続の手続きに慣れているという人も
いないものです。しかし、多くの手続きを一つずつ進めてゆかなくてはなりません。

まずは相続人を確定しますが、被相続人の財産の内容も正確にわかっていなければ
次に進めることはできません。そこで必要になるのが「財産調査」です。
どんな相続財産があり、それぞれにどのくらいの価値があるのかを調査して財産目録
を作成しておくと後の遺産分割協議などでのトラブルが起きにくくなります。

財産と聞いて一番に思い浮かぶのは銀行などの預貯金です。これらは通帳をみればわ
かります。通帳が見つかれば、利用していた金融機関の支店に「預金残高証明書」を
発行してもらいます。

自宅の土地や建物などの不動産がある場合には権利書や固定資産税の納付書などをが
ないか探して見ます。固定資産税の納付書があれば、役所に名寄帳を請求して、被相
続人が所有していた不動産が確定できます。

その他にも有価証券などのプラスの財産から借金などのマイナスの財産まで、相続人
が知らない財産は意外にあるものです。知らないままですと大きな損害になることも
ありますので、相続人同士で協力しながら、または専門家に依頼するなどして少しず
つ手続きを進めてゆきます。

«
 

トラックバックURL