不在籍証明書と不在住証明書とは何だろう

ブログのタイトル通り、不在籍証明書・不在住証明書という書類があります。
一般的には不在籍不在住証明書とまとめて言われることも多いです。
あまりなじみがないかもしれませんがどういったときに使われるのでしょうか。

簡単に言いますと、不在籍証明書は「○○さんは、○○に戸籍がない」ということ、
不在住証明書は「△△さんは△△に住民票がない」とういことを証明する書類
で市区町村で発行されます。
どのようなときに使われるのかといいますと、相続登記などに使われることが
多いです。
相続登記の申請時に登記簿上に記載されている人物が戸籍上の人物と同一である
ことを示すためには戸籍の附票や除票を添付します。しかし、これらの書類は
保存期間の関係で破棄されており取得できないことがあります。
そういった時には権利証などで証明することが多いのですが、中には権利証も
紛失してしまっていることもあるのです。
そこで不在籍証明と不在住証明書で同一人物であることに間違いないというこ
とを示すのです。

«
»
 

トラックバックURL