相続手続きはどの専門家に依頼するのがよいのでしょうか?

相続では、専門家が連携してみんなで手続きをするから安心、という広告を見ます。
しかし安心かもしれませんが、専門家が何人も関わったら費用が気になります。。。

さらに、資格を持っていない業者などが専門家を紹介するとして、あいだに入ってきたら
費用は膨れ上がります。
次の場合には、弁護士さんまたは司法書士に頼んだ方が良いと思われます。

・相続関係が複雑
(兄弟姉妹が相続人の場合等は、自分で戸籍を集めるのが大変です)
・被相続人が亡くなってから3カ月以上たっている
(亡くなってから数年経っていても相続放棄はできる場合もありますが、
自分でするのはちょと大変かも)
・既に相続を認めてしまっている
(基本的にはできないですが、認められる場合も無いことはない。
ですがこれを自分でするのは難しい)
・相続放棄した後の事まで考えたい
(他の親族がちゃんと相続放棄できるか心配だ、放棄したその後は?など)

では、弁護士・司法書士のどちらに頼めば良いのでしょう?
司法書士は「戸籍など資料の収集+書類の作成」をさせていただくことになります。

・裁判所から事件番号を教えてもらえない。
・相続放棄をしたという証明書(相続放棄申述受理証明書)を代わりに受け
取ることができない。
など、ちょっとした事ではありますが、司法書士にはできないこともあります。
ですので、司法書士に相続放棄を頼むと、弁護士さんに頼んだ場合より少し
手間がかかるように思われるかもしれません。
弁護士ってなんとなく敷居が高いし頼みにくいなあって方は
是非司法書士(当事務所)へご相談ください。

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む