同居している子供としてない子供の宅地相続

ごく普通の家庭でも相続税がかかる心配も出てきてしまったというわけです。

小規模宅地の評価特例法では240m2の部分について最大でも80%の減額ということで相続税がかかる人が減ったというメリットもありますが、22年の改定ではこの条件が厳しくなりました。適用条件については同居している子供やしてない子供の区別化が図られることとなってしまいました。
“同居している子供としてない子供の宅地相続”の詳細は »

相続の遺言執行者は定めておくべきか?

相続の手続きにおいて遺言執行者を選任しておくと、遺贈の目的物について遺言執行者が管理することになります。

特定遺贈においては、遺贈の目的物を受贈者に移転する必要があります。目的物が不動産であれば登記も移転します。上記の必要な行為は相続人が行なうことになります。(権利移転に関する、登記、登録、権利変動の通知など遺言執行者は必ずしも必要ではありません。
“相続の遺言執行者は定めておくべきか?”の詳細は »

相続における公正証書を作成するにあたり

相続手続き時、入院中などで役場へ行くことができない場合は、公証人に病院や自宅に出張してもらうこともできます。

公正証書遺言作成に必要な書類等
(1)遺言者の実印・印鑑証明書
(2)遺言者と相続人との続柄を表す戸籍謄本
(相続人以外の人に遺贈する場合、住民票など)
(3)証人の住民票と認印など
(4)通帳のコピー
“相続における公正証書を作成するにあたり”の詳細は »

わかっていれば大丈夫な相続税の調査

税務署に相続税の申告書を提出して納税をするのですが提出された申告書の行方をご存知でしょうか?

税務調査

皆さんも税務調査という言葉を聞いたことがありますよね。

税務署に相続税の申告書を提出して納税をするのですが
提出された申告書の行方をご存知でしょうか?

●提出された申告書は、税務署の資産税専門の
部門が精査します。
“わかっていれば大丈夫な相続税の調査”の詳細は »

相続と年金受給者の死亡届

相続手続きにおいて、提出が遅れると死亡後も年金が振り込まれてしまいます。

年金を受給している人や、年金受給待機中の人が
亡くなった場合は市区町村や社会保険事務所宛てに
年金受給者死亡届を提出します。
提出が遅れると死亡後も年金が振り込まれてしまいますので
提出期限はありませんが、そのような場合はさかのぼって
年金を返還する手続きが発生してしまいます。
“相続と年金受給者の死亡届”の詳細は »

死亡に備えた相続に関連する保険の契約者

みなし相続財産として保険金を含めた被相続人の総財産から各種の控除を差し引いて課税対象となる金額が出ます。

生命保険の契約で被保険者がなくなったときは
保険金受取人が保険会社に請求して保険金を受け取ります。

しかし先のような被保険者ではない
保険契約者がなくなったときには、保険事故は
発生しないことになりますので、相続人で
保険契約の継承者を決めて保険契約者の
名義変更を行うことになります。

必要な書類は以下の通りです。
“死亡に備えた相続に関連する保険の契約者”の詳細は »

役所に行って自分の責任でする相続税の申告について

相続税が課税される場合には、遺産分割協議書を一緒に提出しなければ、法定相続分で相続税が計算されます

相続税の申告書は税務署に行って入手します。
これらに必要事項を記入して申告しなければいけません。
相続が発生すると、申告書は自動的に送られてくる
というわけではないので気をつけてください。

またすべてに記入する必要はなく必要のある部分だけを
記入すればいいことになっています。
“役所に行って自分の責任でする相続税の申告について”の詳細は »

たくさんあっても税金の種類と相続は大事だ

相続税なの贈与税なのか、所得税(一時所得)なのかが違ってきます。受取人を孫にした場合、非課税枠は使えません。

税金の種類が変わることで、税金の負担額も違ってきます。

被保険者 契約者 保険金受取人 税金の種類
被相続人 被相続人 配偶者 相続税
非課税枠あり
“たくさんあっても税金の種類と相続は大事だ”の詳細は »

数字から相続できるのはどれくらいかを読む

配偶者は常に子と同順位の遺産を受け取る権利がある人で、法定相続分は配偶者が半分の2分の1、子と子の代襲相続人が半分の2分の1ですよ

財産を受け取る分とは実際に遺産を受け取ることができる割合のことを言います。

財産を受け取る人が遺言で遺産の振り方を指定した場合は、その指定した
遺産を受けることができる割合分が優先されます。
そうでなければ、民法で定められた法定分が適用されます。

遺産を受ける人となる人が確認できると各遺産を受ける人の遺産を受ける割合を特定をします。
“数字から相続できるのはどれくらいかを読む”の詳細は »

最新の記事 »