若手で優秀な横浜駅前の司法書士ですよ

第926条
1.限定承認者は、その固有財産におけるのと同一の注意をもって、相続財産の管理を継続しなければならない。

2.第645条、第646条、第650条第1項 及び第2項 並びに第918条第2項及び第3項の規定は、前項の場合について準用する。相続人が家庭裁判所に限定承認の申述を行った後は、5日以内にすべての相続債権者および受遺者に対し、2か月以上の期間を定めて公告を行う。
(927条)知れている債権者には個別に告知を行う。公告期間満了後、相続債権者に、それぞれの債権額の割合に応じて弁済をする(929条)。
その後、受遺者に弁済をする(931条)。

解決します。相続相談なら横浜駅前で
相続債権者、または受遺者に弁済をするために相続財産を売却する必要があるときは、競売とする。 自由に売れないんですね。
www.souzoku-shien.net/