戸籍にはいくつか種類があります

相続の手続きをする際には
戸籍が必要になってきます。
戸籍といってもいくつか種類があります。

戸籍は本籍と筆頭者で管理されており、
戸籍に登録されている人の生年月日や出生地、
婚姻関係や親子関係が記載されています。
戸籍謄本とは戸籍原本に記載されている人
全てを謄写(複写)したもの、
戸籍抄本とは戸籍原本に記載されている人
の一部を謄写(複写)したものです。

結婚、離婚、死亡、転籍等によって、
その戸籍に記載されている人が
一人ずつ戸籍から抜けていき、
最終的には戸籍には誰もいなくなります。
誰もいない状態になるとその戸籍は閉鎖され、
閉鎖された戸籍を証明するのが除籍謄本・除籍抄本です。
除籍謄本(除籍全部事項証明書)が除籍された戸籍の全て、
除籍抄本(除籍一部事項証明書)が除籍された戸籍の一部の
人についての証明書となります。

また、戸籍に関する法律「戸籍法」が改正されることにより、
戸籍の様式などが変更され、その都度新しい様式の戸籍に
書き替えが行なわれるのですが、この書き替えをする前の戸籍
のことを「改製原戸籍」、「原戸籍」といいます。
相続の手続きにおいては、亡くなられた方の出生から死亡までの
戸籍が必要となります。

«
 

トラックバックURL