未成年者は遺産分割協議ができるのか?

相続が発生する時、状況によっては未成年者が相続人となるケースがあります。
そういった場合、子供も遺産分割協議をすることができるのでしょうか。

未成年の子供でも相続人である以上、遺産分割協議の対象者です。
しかし、未成年者は財産に関する法律行為を行なうことはできませんので、
単独で遺産分割協議に参加することができません。
そこで法定代理人である両親が代理をすることとなります。

父親が被相続人となった場合、父親の財産を母親と子供が分けるということに
なりますが、母が子供に有利に遺産分割をする場合も有るかもしれませんが、
逆に、母が自分に有利な内容にしてしまう可能性も有るのです。
このように母と子供の利害関係が対立してしまう関係となる場合、母が代理で
遺産分割協議をすることはできません。

そこで、未成年者本来の権利を守るため、親権者に代わって未成年の子の代理人
になる「特別代理人」を選任を家庭裁判所に申し立てなければなりません。
子供が2人以上のときはそれぞれに特別代理人が必要です。
特別代理人の選任をしなかった遺産分割協議は、その協議自体が無効とされます。

«
»
 

トラックバックURL