借金を相続しないための方法

相続でも手続きをしなければ「単純承認」とみなされてしまい、プラスの財産もマイナスの財産も引き継いでしまいます。マイナスの財産が多いとおもったら「相続放棄」の手続きをしなければいけません。相続人でなかったことにするのです。

相続人としての権利をすべて放棄すれば、債務の支払い義務も免れます。相続財産の範囲内で債務を支払いする方法もあります。これは「限定承認」とよばれ、債務を支払って残った場合はプラスの財産を相続できます。しかし実際のところ限定承認はあまり利用されていないようです。単純承認は手続きは必要なのですが財産を一部でも使ったり、売ったりしてしまうと、単純承認したとみなされ相続放棄の手続きができなくなってしまいますので気をつけてください。

 

相続手続きを横浜で始める準備です
相続放棄は、一人でもできますが限定承認の場合は法定相続人全員の手続きが必要になります。
www.souzoku-shien.net

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む