カテゴリー: 無知の状態では相続は難しい

戸籍にはいくつか種類があります

戸籍には戸籍謄本、戸籍抄本、除籍謄本、除籍抄本、改製原戸籍などいくつか種類があります。

相続の手続きをする際には
戸籍が必要になってきます。
“戸籍にはいくつか種類があります”の詳細は »

公証役場の役割とできること

相続関係の仕事に携わると、公証役場が少し身近な場所になりました。

遺言作成の方法はいくつかありますが、もっとも安全で確実な方法は
公証役場で公証人に作ってもらう公正証書遺言です。
“公証役場の役割とできること”の詳細は »

未成年者は遺産分割協議ができるのか?

未成年者が相続人となり、親子で利害関係が対立する時には特別代理人選任の申立が必要です。

相続が発生する時、状況によっては未成年者が相続人となるケースがあります。
そういった場合、子供も遺産分割協議をすることができるのでしょうか。
“未成年者は遺産分割協議ができるのか?”の詳細は »

相続の不動産はどうのように評価されるのか

相続財産の評価にはそれぞれの目的にあった評価方法を使用します

遺産分割で対象となる財産は現金、預貯金から骨董、家財と
様々なものがあります。土地・建物ももちろんその対象です。

“相続の不動産はどうのように評価されるのか”の詳細は »

借金を相続しないための方法

マイナスの財産が多いとおもったら「相続放棄」の手続きをしなければいけません。

相続でも手続きをしなければ「単純承認」とみなされてしまい、プラスの財産もマイナスの財産も引き継いでしまいます。マイナスの財産が多いとおもったら「相続放棄」の手続きをしなければいけません。相続人でなかったことにするのです。
“借金を相続しないための方法”の詳細は »

相続と年金受給者の死亡届

相続手続きにおいて、提出が遅れると死亡後も年金が振り込まれてしまいます。

年金を受給している人や、年金受給待機中の人が
亡くなった場合は市区町村や社会保険事務所宛てに
年金受給者死亡届を提出します。
提出が遅れると死亡後も年金が振り込まれてしまいますので
提出期限はありませんが、そのような場合はさかのぼって
年金を返還する手続きが発生してしまいます。
“相続と年金受給者の死亡届”の詳細は »

死亡に備えた相続に関連する保険の契約者

みなし相続財産として保険金を含めた被相続人の総財産から各種の控除を差し引いて課税対象となる金額が出ます。

生命保険の契約で被保険者がなくなったときは
保険金受取人が保険会社に請求して保険金を受け取ります。

しかし先のような被保険者ではない
保険契約者がなくなったときには、保険事故は
発生しないことになりますので、相続人で
保険契約の継承者を決めて保険契約者の
名義変更を行うことになります。

必要な書類は以下の通りです。
“死亡に備えた相続に関連する保険の契約者”の詳細は »