戸籍にはいくつか種類があります

戸籍には戸籍謄本、戸籍抄本、除籍謄本、除籍抄本、改製原戸籍などいくつか種類があります。

相続の手続きをする際には
戸籍が必要になってきます。
“戸籍にはいくつか種類があります”の詳細は »

公証役場の役割とできること

相続関係の仕事に携わると、公証役場が少し身近な場所になりました。

遺言作成の方法はいくつかありますが、もっとも安全で確実な方法は
公証役場で公証人に作ってもらう公正証書遺言です。
“公証役場の役割とできること”の詳細は »

相続財産の内容と価値を知るためには

相続手続きを進める上で、財産の何を誰が相続するか決めるためにも、その内容や価値を正確に知ることが大切です。

相続問題は突然発生することが多いですし、相続の手続きに慣れているという人も
いないものです。しかし、多くの手続きを一つずつ進めてゆかなくてはなりません。


“相続財産の内容と価値を知るためには”の詳細は »

不在籍証明書と不在住証明書とは何だろう

不在籍・不在住証明書は登記簿上に記載された人物と被相続人が同一であることを証明する時に使っています

ブログのタイトル通り、不在籍証明書・不在住証明書という書類があります。
一般的には不在籍不在住証明書とまとめて言われることも多いです。
あまりなじみがないかもしれませんがどういったときに使われるのでしょうか。
“不在籍証明書と不在住証明書とは何だろう”の詳細は »

未成年者は遺産分割協議ができるのか?

未成年者が相続人となり、親子で利害関係が対立する時には特別代理人選任の申立が必要です。

相続が発生する時、状況によっては未成年者が相続人となるケースがあります。
そういった場合、子供も遺産分割協議をすることができるのでしょうか。
“未成年者は遺産分割協議ができるのか?”の詳細は »

相続の不動産はどうのように評価されるのか

相続財産の評価にはそれぞれの目的にあった評価方法を使用します

遺産分割で対象となる財産は現金、預貯金から骨董、家財と
様々なものがあります。土地・建物ももちろんその対象です。

“相続の不動産はどうのように評価されるのか”の詳細は »

相続手続きはどの専門家に依頼するのがよいのでしょうか?

相続が発生したら、複雑な手続きを誰に依頼するのがよいのでしょうか。

相続では、専門家が連携してみんなで手続きをするから安心、という広告を見ます。
しかし安心かもしれませんが、専門家が何人も関わったら費用が気になります。。。

“相続手続きはどの専門家に依頼するのがよいのでしょうか?”の詳細は »

相続において特別に遺言する場合の方法

相続の手続きにおける遺言の撤回の方法は、自筆証書遺言の場合と、公正証書遺言の場合で少し異なります。

難船危急時遺言・・・・
船舶遭難の場合において、船舶中にあって
死亡の危急に迫った者が遺言する場合の方法です。
“相続において特別に遺言する場合の方法”の詳細は »

借金を相続しないための方法

マイナスの財産が多いとおもったら「相続放棄」の手続きをしなければいけません。

相続でも手続きをしなければ「単純承認」とみなされてしまい、プラスの財産もマイナスの財産も引き継いでしまいます。マイナスの財産が多いとおもったら「相続放棄」の手続きをしなければいけません。相続人でなかったことにするのです。
“借金を相続しないための方法”の詳細は »

同居している子供としてない子供の宅地相続

ごく普通の家庭でも相続税がかかる心配も出てきてしまったというわけです。

小規模宅地の評価特例法では240m2の部分について最大でも80%の減額ということで相続税がかかる人が減ったというメリットもありますが、22年の改定ではこの条件が厳しくなりました。適用条件については同居している子供やしてない子供の区別化が図られることとなってしまいました。
“同居している子供としてない子供の宅地相続”の詳細は »

« 過去の記事